簡単セルフ口臭対策

歯磨きの習慣を見直そう

口臭の原因に歯垢、歯石が挙げられます。歯垢は食べかすなどを栄養に歯の表面で生息する細菌の塊です。また歯垢の集合体を歯石と言います。歯石の塊はやがて虫歯菌となり、虫歯になるとセルフケアではどうにもならなくなります。

そうなる前に、セルフケアでしっかり口内環境を整えていきたいですよね。
セルフケアの基本はやはり歯磨きです。歯磨きのやり方の基準は人それぞれですが、ここでは歯磨きのやり方の一つの目安を紹介したいと思います。

まず回数ですが理想は毎食後の3回です。しかし食後すぐにやるのではなく30分後が理想とされています。これは食後間もない状態では食べ物の影響で歯が一時的にもろくなっているからです。

どうですか?毎食後、30分後に一日3回。意外にできていない人がほとんどではないでしょうか。
ただこれはあくまでも一つの目安です。どうしても3回は難しいという人は一日2回丁寧に行うようにしましょう。

市販のデンタルグッズを使いこなそう。

現在ドラッグストアのデンタルコーナーを訪れると様々な商品が並んでいます。ここではそういったグッズの効果について紹介していきたいと思います。

まず紹介したいのはデンタルフロス・デンタルピックです。これらの商品は歯間の歯垢をとることに特化した商品ですが、なんと日頃の歯磨きとデンタルフロス等の歯間ケアで歯垢の80%歯除去できると言われています。逆に歯磨きだけでは不十分なので使っていない方はお試し下さい。

次に紹介するのがマウスウオッシュです。近年リステリンなど様々なマウスウオッシュ商品が普及してきました。こちらも口内の細菌治療に効果的ですのでおすすめです。しかしマウスウオッシュは使いすぎると害のない細菌まで殺してしまい、菌交代症という症状を起こす可能性があります。使用法には十分注意しましょう。


みんなにシェア

B!